2020年12月21日

ISOGAI花火劇場in名古屋港

今年も土曜日開催でしたので行くことができました。

DSC_6031.jpg

コロナ禍で各イベントのオペレーションを見比べると、
こちらはやはり安定感があるなぁと感じました。

検温は個々人を非接触温度計で測るのではなく、
入り口全体をカメラで広く撮って高熱の人を検出するようなシステムが導入されてました。
まぁ寒空の下+肌の露出が少ない衣服で
どこまで精度があるかはおいておいても
入場列も停滞してすることなく、
スムーズな処理ができていたように見えます。
チケットももぎらず割り印を押すような感じで非接触。

DSC_5901.jpg
開演前に劇場版コナンの宣伝を含めた花火が打ち上げ
蝶ネクタイやら眼鏡やらの型物も。

DSC_5917.jpg
ZENT提供のエール花火
エッセンシャルワーカーに対する感謝を意を込めた青い花火

本題の方、今年のテーマは時勢を反映した内容で、
ファンタジー的な要素はほぼ皆無。
ママの声がなかなか迫真でしたね(^o^)

DSC_5946.jpg
まさかの曼荼羅をウイルスの表現で使用\(^o^)/
これはなかなかの冒険

DSC_5989.jpg
うおーこんな変化の柳持ってたか〜
そして磯谷さんに珍しく?JPOPが今年は多めだった気がする。

DSC_6011-3.jpg
大好きなツバキキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
全国煙火競演会から一目惚れしてもーずっと好き。
ストーリー的にもクライマックスでこの花を持ってきてくれたの最&高
一応ナレーションでは色とりどりの花ということで?
紅が微妙に違う種類のツバキが夜空に咲き誇りました。

DSC_6034.jpg
フィナーレ
光の宝石の大玉の方、少し雑な感じなのは何の影響だろう。
物量や色まぜこぜの打ち上げ方はとても良かった。

DSC_6039.jpg
締め

終わってみれば例年と変わらない花火大会を観覧することができました。
この「例年と変わらない」というのが今年はいかに凄いことかと思うと、
関係者の方々には頭が下がりますm(_ _)m
本当にありがとうございました。
posted by たっちゃん at 20:49| Comment(0) | 花火 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: