2019年11月07日

いばらきまつり

今年も来ましたいばらきまつり。
毎年来場人数更新しているんじゃないかってくらい
盛況でしたね〜。

IMG_2991.jpg

今年も朝から行くで〜と思ったら、
予定してた駐車場が閉鎖してたりめっちゃ絞っていたりと、
思わぬところで足止めを食らってしまった。

駆け付け一杯のしじみ汁から、
食旅スタート。
IMG_2977.jpg

その後いきなりメインディッシュ
IMG_2980.jpg
こっちは豚肉で、隣では常陸牛。
特に常陸牛は200円で盛りが良いし、柔らかくてめっちゃ美味い。
各地の特産牛肉って値段に応じてってイメージがあって
安いと安いで筋張った普通の牛肉感が強いんだけど、
常陸牛はそんな高くない肉をどこで食っても美味い印象がある。

IMG_2989.jpg
養豚部会は各部位バリエーション豊富で
時間ごとに焼いてるメニューが変わるから
腹が減っている暇がない(*´∀`*)


IMG_2984.jpg
当然の権利のように上棟式も参加

IMG_2985.jpg
今年はなんとか1つだけ(´Д⊂ヽ

IMG_2995.jpg
ビンゴでクソザコナメクジ運を晒しながらまったり花火待ち


昇曲導付五重芯変化菊
DSC_0872.jpg
い つ も の 初手五重芯 
パックリが見えない方向ならこれだけ安定感あるんだよなぁ。
今年はあまり視認方向に恵まれなかった(´Д⊂ヽ

新緑の躍動
DSC_0875.jpg
この玉もお披露目は今年の辰ノ口だったかなぁ。
いっぱい見たような記憶でも、まだ1年経ってなかった(ノ∀`)

きらめきの花
DSC_0879.jpg
ワクワク玉名からのズコーヽ(・ω・)/感があった。
玉の意図が見えんかった。

引先変化八方菊
DSC_0888.jpg
なんかこっちのほうが煌めき感あったw 結構好みだ。

青結開芯引先光露
DSC_0897.jpg
結んで開いて「芯」だからまぁあってるんだろうけど、
光露のタイミングそれでええんか?って感じがあったのは
自分だけだろうか・・・

狙いとしては結んで開く折返しのタイミングで光露になって
ターニングポイントがわかりやすくなる意図がありそう。


フィナーレ
DSC_0914.jpg
光の旋律すこすこのすこ。
ただ大玉の昇りが見えた時にこっちの玉持ってくると思った。

結局この玉千波湖以外で見なかったな。

DSC_0926.jpg
打ち上げ花火は2017の楽曲と同じでしたね。
ということで

比べてみるとシーンシーンで使ってる玉ほぼ同じ感じですな。
どっちが好みかと言われると2017版ですかね。。。

今年も一日楽しめるお祭りでした。
posted by たっちゃん at 20:53| Comment(0) | 花火 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: