2019年08月22日

赤川花火大会

今年も感動日本一!

DSC_0556.jpg

15日までは台風ファッキンっておもってたけど、
いいタイミングで日本海に抜けてくれたおかげで
吹き返しによる西風となりド風上の奇跡。
こんなの次いつあるかもうわからんやん・・・

場所取りとグッズ購入のためとりあえず現地へ
IMG_2339.jpg
え、何この席は(ドン引き)
これAP1って席?通路後ろのパイプ椅子とか罰ゲームか何か?
有料席を何とか増やしたい意向はわかるんですけど。。。

IMG_2340.jpg
今年もありました黒塗りの高級車。
もう4Kと言わず8Kで撮ってほしいもんだ。

グッズを無事購入し一旦車へ退避。
その間雨が降ったりやんだりで、なかなか出るタイミングがない。
最後の雨雲が通過したと思ったところで雨雲持たずにいざ出陣!

IMG_2344.jpg
まぁそういう人も出るよね。
でも神風だしもうすべてを許せる気分。

と、この時までは思っていたのですが、
オープニング打ち上げ開始5分前になったら
桟敷後方のトイレに水を給水するために発動機をうごかしてくるスタッフ―!

全部のトイレに水を入れ終わるまで止めない生真面目なスタッフのおかげで、
ドラマチック花火の中盤まで発動機音バリバリの花火観覧となりました(つд⊂)
さすがに帰り際に一言モノ申したくなるわ。


オープニング アルプス煙火
DSC_0336.jpg
芸玉もりもり〜

DSC_0337.jpg
上がる玉は贅沢なものの、ワイドを若干持て余している感じはあった。
楽曲指定なのかもですが、打ち上げも少しぎこちない感じあったし、
やっぱり会社として経験を積むのって大事なんやなぁと思う。
こうのすがもうすこし打ち上げに自由度をくれてればな〜。

デザイン花火競技会
割物花火の部
優勝 丸玉屋小勝煙火店
DSC_0519.jpg
四重芯めっちゃきれいやん!ほんと安定感凄い。
最近の競技会でコンスタントに80点以上クラスの玉上がってると思う。

DSC_0520.jpg
市松紋様花も完成されてきた感じ。玉名とのマッチング感良いですよね〜。


準優勝 伊那火工堀内煙火店
DSC_0517.jpg

DSC_0518.jpg
自由玉の方、明暗のコントラストがいいっすね^〜
ほりっちパステルの独自色感すき。


3位 マルゴー
DSC_0469.jpg

DSC_0470.jpg
向き勝負なところがある。


デザイン花火の部
優勝 北日本花火興業
DSC_0501.jpg

DSC_0504.jpg
圧倒的優勝。これよ〜この世界観が見たかったのよ〜3日前も(>_<)
夜空のシャンデリアも登板され始めてきましたな。
その玉からこの上下一斉の展開の創世感たまらん。

準優勝 太陽堂田村煙火店
DSC_0511.jpg
銀が明るいこの玉を今年は各競技会で披露されるのかな〜。
終盤の翼の型物がこの玉の後に上がるのは少しもったいない感じがある。

3位 菅野煙火店
DSC_0421.jpg
単純にこの玉の造詣が結構好み。菅野さんにも新しい風を感じる。


競技会結果については概ね満足。
数少ない自分と結果がマッチする大会(*´ω`*)


ドラマチックハナビ 磯谷煙火店
DSC_0394.jpg
なんかだだちゃ豆独占されるお話だった。

DSC_0395.jpg
印籠キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

DSC_0398.jpg
なんか大分節約志向な感じでしたね。。。
花火界の水戸のご老公が競技にも参加しなくなってしまっているのは偶然か・・・


市民花火 紅屋青木煙火店
DSC_0448.jpg

DSC_0441.jpg
QUEEN完成版かな。
えびす講で上がるような気がしないので。上がったとしても大玉スターマインか。
大玉は少なかったもののメリハリあったし。
何よりブレーカー落としの使い方がツボ。


希望の光 マルゴー
DSC_0490.jpg
変態コーナー始まったーw

構成としては去年と似た感じでした。
もっとワイド幅広がらんかな希望の光も。

難しいこと考えずにこれエンドレスで見てるのが幸せ感。

DSC_0494.jpg
黄一色でキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
RGBYがそろったのであとC,Mで加法混色減法混色ともに色の三原色がそろうぞ!

というわけでマルゴー各色スパン集を集めてみた(暇人)


エンディング 伊那火工堀内煙火店
DSC_0538.jpg
1曲目の若者のすべてが良すぎていまだに脳内リピートできる。

DSC_0555.jpg
段咲久々にキタ━━━━━━━━m9( ゚∀゚)━━━━━━━━!!
これでもかってくらいのリピート展開が、
あーこれが赤川のエンディングや!って感じで最高でした。

決して音ハメしまくりの花火じゃなく、
どちらかというと単調な打ち上げなのにやっぱり感動してしまう(´;ω;`)
でもあの単調な打ち上げ方って
実はかなり綿密に考えられてるんじゃないかなぁと思う。

堀内さんの主流な打ち上げ方として、一定の号数の玉を
偶数⇒奇数⇒偶数・・・って上げるのが代表的ですけど、
奇数と偶数でそれぞれの筒の間で交互に打ち上げるのが、
飽きをさせない一因になってそう。

玉が重なりにくいよう筒同士の間隔が決まっている感じなので、
ワイド幅に応じて設置数を調整している感じ。
なので撮るのも見るのもストレスを感じにくくなってるような気がします。

あとは特に歌唱曲系のミュージックスターマインでは
メロディの変わるところで色や玉がガラッと変わるのが
だいたい4or8小節区切りになっててそれを開発のタイミングで合わせてるので
聞いてても見てても気持ちいい。


最高の神風だった一方で全体的には節約志向感があった。
おそらくは第30回に向けた貯金を作っているのではないだろうか。
来年も超絶神風を期待しますヽ(^o^)丿
posted by たっちゃん at 21:09| Comment(0) | 花火 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: