2019年07月11日

鎌倉花火大会

奇跡的な順風!

梅雨時期に開催日程を移動するのは中々リスキーだったと思いますが、
梅雨明け後だと晴れてもほぼ逆風だから納得行かないという心情になるのであれば、
晴れれば順風の可能性もあるこの時期のほうがチャンスは有る気がしますね。
ナイスな判断でした( ・∀・)

a.jpg

ガチ勢の出足が早すぎるのに焦りを感じつつ半休で現地入り。

01d10e9b33db71fcfecf16222400377b585f6c1370.jpg
十数日ぶりの晴天に休暇をとるのは基本的人権。

水着美女も浴衣美女も制服も入り乱れて湘南の素晴らしさを実感する。
01b4ade7c46e72329e055ef1db790497d4fc234df4.jpg
浴衣・・・浴衣?

定刻通り1920に打ち上げスタート
DSC_0101.jpg
夏至に10日くらい近いのでもう少し打ち上げ時間後ろでも良いと思うの(^_^;)
条例関係なんかあるんかな。
条例といえば、神奈川の煙火消費の規制がより厳しくなるみたいで
パブコメ明日(7/12)までなのでドンドン書いて送るとイイゾ

DSC_0112.jpg
久々の四重芯は久々のグチャっと(ノД`)
稲村ヶ崎から見たらもしかしたらきれいだったのかもしれない・・・?

マルゴー作品披露コーナー
DSC_0120.jpg
ピンクッション GWにどこかで披露されてた気がする。
八方の先の最後の変化の色が、少し前のマルゴー味を感じる。
最近あんまり使われなくなってちょっとさみしい(´Д⊂ヽ

DSC_0122.jpg
オリオンの涙 若草山の廉価版?
ここ以外にも7号くらいでポンポン上がってたので量産体制になってる感じ。
地味に八重芯構造。


動画版 5発分

唐突に上がる個人的一番玉
DSC_0182.jpg
メッセージ花火のところだったっけ。この玉ワイドでみたいな〜。
全体的にだけど台船が遠すぎてきれいな花火の細かいところまで視認しにくいのが
数少ない残念なところ。ファッキン神奈川県。

唐突に始まる時差式祭り
DSC_0202.jpg
バリエーション豊富すぎぃ!特にカラーバリエーションがホント豊富
どんな色でも動かせるぜぇみたいな。


動画版

DSC_0207.jpg
去年の紫陽花プログラムのリベンジみたいな一斉
去年みたいに上もワイドだったらとちょっと惜しい。

DSC_0237.jpg
フィナーレ

1発1発の特に大玉は素晴らしい玉が多かった。
ただスターマイン含む構成の部分に一抹の不安が少し過ったかな〜
鎌倉自体はそういう花火大会ではないと分かってはいるものの
そろそろ時差連打から脱する時期になってほしいなぁともここ数年思っているので、
今年は構成で魅せてほしい気持ちが強い。
時差玉いっぱい作ってるせいか、星のタイミングの精度に若干ばらつきが見えることもちらほら。

あと7号くらいの玉の開発が早い玉が多かった気がするのは気の所為?
posted by たっちゃん at 22:11| Comment(0) | 花火 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: