2019年05月15日

大曲の花火 春の章

夏以外でもだんだん盛り上がりを見せてくれる大曲が楽しすぎて
一年で何回も秋田訪れちゃうやばいやばい・・・

DSC_0306.jpg

今年は丸玉屋タワーが3基!

IMG_1951.jpg
でもこれタワーっていうのかな。
もはや宙吊りされたアルマジロでは(^_^;)

それよりも音響が大分良くなっていることに関心。
カメラ席は音が小さくて動画勢に優しくないぞって思ってたけど、
今年は音響にも力が入っておりました。

ただちょっと低音がブーミーな感じでしたけど。。。
亀席がちょっと遠いからなのか知りませんが、
低音は減衰しにくいからもうちょっと抑えても良いと思う。

オープニング
DSC_0322.jpg
手前のトラがこっちの岸から上がるの迫力はあるけど
どっちの風でも煙の影響あるし、大玉が小さく感じちゃうし、私いじけちゃうし
良いことばっかりではないのが難点。

日本の花火
DSC_0334.jpg
写真だとわかりにくいのでタワーメインの動画


疾走感( ・∀・)イイ!!
線じゃなく点配置だからどうなんだろうと思ったけどお見事。



形っぽい打ち方も面白いっすね〜
今まで見た中でこの日が一番タワー面白いんやなと感じました。

地元煙火店の創造花火
DSC_0376.jpg
一番好きだったのは北日本の作品。


「STARS 〜宇宙の声が聞こえる〜」
ワールドと言うか、世界観を持ってる煙火店の作品ってほんと吸い込まれそうになる。

世界の花火
ルジェリ(フランス)
DSC_0395.jpg
うーん、、、海外の丸玉屋って感じ。
創造花火が良すぎたせいでこっちは殆ど覚えてない(;´∀`)
色か?色は確かに・・・。
火薬の輸送は制約が大きいから日本国内で流通できるものしか使えないんじゃないかな。てか丸玉屋が融通してるのかな。

芸協会員の大玉競演
半数近い会員の玉が見られたので割とゴージャスなプログラム。
その中でもお気に入りは
DSC_0419.jpg
昇小花青海の輝き/筑北火工掘込煙火店
同色多重芯もっと流行れ(・∀・)



昇曲付三重芯錦変化菊/北日本花火興業
三重芯・・・三重芯じゃなくない?サプライズやな!
この日の多重芯花火の中で一番バッチリ決まってました。

フィナーレ花火 ボヘミアン・ラプソディ
DSC_0426.jpg
こ↑こ↓有名なジャケットのシーン。
今年はQueenの花火が増えるのだろうか。



この日一番の衝撃はスピーカーの音源がステレオであったこと。
さながらライブ会場のような臨場感があってほんとヤバかった(語彙力)

花火大会を含む一般的なイベントって
基本どのスピーカーからも同じように流す(モノラル)はずなので、
ステレオとして取り扱うってライブでもないと殆どないんじゃないかな。
案内などのアナウンスを放送するとき不都合だったり、
観客の位置によっては綺麗に聞こえない、
というよりきれいに聞こえるエリアのほうが少なかったりと、
ステレオにするとデメリットのほうがおおきいので。

上の動画をヘッドフォンとかで聞くと左右に音が振られているのが多少わかる感じですが実際の会場ではもっと明瞭聞こえた。
見てた場所がスピーカーのスイートスポット的な位置だった、というのもあるかも。
さらにそれに合わせてザラ打ちもあるため
会場設営や機材だけでなく煙火店も協力しないとできないスケールだと思いますので、この仕掛をやろうと思った心意気にただただ感服。
こういう演出や心意気を生で感じることができてほんと良かった( ;∀;)

翌日はようやく見られた晴天の冠雪鳥海山
DSC_0445.jpg
仁賀保高原ほんとすき。
秋にも来てみたいので秋曲に行くときにまた寄ろう。
posted by たっちゃん at 00:01| Comment(0) | 花火 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: