2018年10月24日

やつしろ全国花火競技大会

去年の九州旅リベンジを果たすべく、
今年もやっちろへ行ってきました。

01eac5a27195b8a8048004d14d26297103480c1d14.jpg
あか牛(゚д゚)ウマー

今年も工業団地の煙突から出る煙をみてあっ、
ふーん(察し)ってなったので裏観覧。

01e793467aaf97374c322b9420f091df19479e7445.jpg

2年雨が続いてようやく秋晴れの下の開催となって、
人出は割と多い感じ。

交通規制時間開始まで待機し、規制と同時に場所取り完了。
グッズを買いに表へ移動。

01925fa40759773b9a414f51ef756fed5cd8de9e14.jpg
戦利品ゲット(๑´ڡ`๑) ようやく買えた〜!

01306d2c3369f955514aed07ebf2075a076b851660.jpg
ついでにスピーカーも確認。音響良さそう。
風向きさえ・・・風向きさえ・・・

DSC_0292.jpg
裏側のスピーカー でも音が聞こえるだけすばら。
ここは裏も会場として認識されているのが良いですの〜。
裏側のみなさ〜んてアナウンスのときライトブンブン振ります振ります。


5号玉の部(復興創造花火)

優勝 曼荼羅/磯谷煙火店
DSC_0357.jpg
いせはらで初披露だったっけか。
曼荼羅って聞くと仏教の胎蔵曼荼羅想像しちゃうから
アートの曼荼羅がいまいちピンとこないんすよね。

準優勝 花はまた咲く/菊屋小幡花火店
DSC_0522.jpg
錦紅→錦→和火→和火銀→銀紅変化と5発全部違う玉。
タイトル通り花ビラが散ってまた咲くという流れを、
レギュレーション内で見事に表現した作品。
その後の10号(準優勝)が蝶千輪であるのも、
そのストーリーが続いている感じで非常に印象的だった。
小畑さんの情景を描くセンスがいつも大好きです(大胆な告白)

優秀賞 曲付三重芯変化菊/小松煙火工業
DSC_0319.jpg
技術的にすごかった(小並感)崩れてもないし。
八号四重芯や五号三重芯と、多重芯の覇権を握りつつある気がします。
世の中には四号四重芯とかいうアホ(褒め)みたいな玉もあるけど・・・

優秀賞 昇曲付八重パステル芯おぼろ菊/響屋大曲煙火
DSC_0444.jpg
明暗のコントラストが( ・∀・)イイ!!
弟さんの方なんですな〜。お兄さんの作品かと思った。
リボルバーも目を引くので良いのですが、
響屋さんにはこういうバランスが取れた玉を
個人的に期待してしまいます。

優秀賞 希望の花/ワキノアートファクトリー
DSC_0432.jpg
あまり印象に残っていない。

優秀賞 昇曲導付芯入覆輪の花/篠原煙火店
DSC_0355.jpg
裏で見ていると覆輪がうまいこと広がってくれなくて無念。
こちらも玉にコントラスト感があって、覆輪の変化がいい感じ。

Pick Up ガクアジサイ/柿薗花火
DSC_0362.jpg
紫陽花の花火は数あれど額紫陽花の花火はあんまりないな〜って思った。
小割もさることながら芯のかすみ草も良い表現だと思う。
加藤さんが昔やった曲導付き千輪みたいなのを使ったらもっとそれっぽいかも!

10号玉の部
優勝 昇曲導付五重芯変化菊/野村花火工業
DSC_0452.jpg
裏だとあ〜崩れたか〜ってなったけど、表の動画見ると納得の優勝
むしろ小松さんのほうがええやん!ってなったのに入賞してないのがびっくり。
花火玉は球体なので芯がずれても、
ずれた方向軸から見れば同心円が変わらないのは承知しておりますが、
どの方位も完璧の芯入って難しいんやね〜。

準優勝 バタフライ・ガーデン/菊屋小幡花火店
DSC_0525.jpg
上述した通り5号も合わせて1つの作品という感じ。

優秀賞  昇曲導付三重芯菊先光露/山内煙火店
DSC_0337.jpg
いつもの感じでわかりやすい。

優秀賞 昇曲導付八重芯千輪菊彩宴/アルプス煙火工業
DSC_0482.jpg
今日一番の変態玉では・・・?
去年の八重芯八方の千輪も十分おかしいのですが、
今年はちゃんと円の八重芯菊ということで、
一体どんな星の詰め方してるんですか(゚∀゚)
親星?が虹変化なら千輪の第2芯も虹バリエーション!
これ見る方向によっては千輪が染め分け配置に
なっていたり・・・しないよね?((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

優秀賞 昇曲付四重芯変化菊/紅屋青木煙火店
DSC_0431.jpg
表の審査はあまり順位高くないけど裏では割と同心円でした。
それ以上に紅がちゃんと見えるだけでもう涙よ。
もうほぼ完全復活ではないでしょうか。

優秀賞 昇曲付四重芯菊先青紅輝光/山ア煙火製造所
DSC_0393.jpg
四重芯のほうがむしろ見るの珍しいまである。
なんかあんま見覚えがないような気がする配色ですけど、
そのせいか視認性が良かった。

優秀賞 八咫の鏡/イケブン
DSC_0518.jpg
光が広がって見えるような時差玉。
どんな作りになっているかわかるまで何回か見たい!
作品名のセンスが好き。


スターマインの部
優勝 春色〜Spring memories〜/生島煙火
DSC_0419.jpg
桜一色の統一感のある作品。なんか終わりの方が去年の優勝作品と被っt(ry
時間の流れがほしかったなって気はする。
去年そんな感じの作品を披露してくれたので・・・
途中と最後の虹っぽいザラは何かを表現していたのかな〜。

準優勝 君に贈る花束/高田花火工業
DSC_0487.jpg
色合いに独自性が出てる感じって最近の作品を見て思う。

優秀賞 季節の移ろい/柿薗花火
DSC_0371.jpg
四季の流れを表現した作品。それぞれの季節を表現する感じでした。
夏のインパクト感がもう少しほしかった(;´Д`)

Pick Up どこまでも〜How Far I'll Go〜/塚本花火工業
DSC_0352.jpg
時差(特に下)を波の表現で使ってるのがGood(゚∀゚)
加えて打ち上げ方のテンポが好みでした。
ブレイクからの盛り上がりとかメリハリがあって心地よい。


ミュージック花火
DSC_0458.jpg

DSC_0456.jpg
上が寂しい・・・寂しくない?
炎も使ってて真駒内感がすごいなって思ったら真駒内も同じ曲だった(^_^;)
やっぱり去年は記念回マシマシだったんやなって思うわけ。


土浦の件で競技会分不足だったのが大分補給できました。
やっぱり楽しいな競技会は。

2日目は去年の憂さを晴らすべく全力観光!
まずは阿蘇山上を目指すべくパノラマラインへイクゾー デッデッデデデデ
阿蘇大橋は復旧中なので迂回路ルートですが、
去年途中まで行っておいたおかげで道に迷うこともなくスムーズ。

0197a75621d5f60770d1e0f07e21a4a30dd14dadc8.jpg
いい肉絶景。
カルデラなので奥に外輪があって、
その上もミルクロードがあり車で走れるっていうのがテンションめっちょ上がる。
度し難いと言われそうだけど高台から見える遠くの道路に
車が走っているの見るの胸キュンする。
じゃけん明日いきましょうね〜

火口着
015a3912669450a07a32ce0b003a1a4276d60b8d90.jpg
この日は青で見学に問題なし(*'ω'*)
風向きも関係する運ゲーなのでほんとに良かった><

011a00935e147f7efea0ce0c9f99bbd30de92edaf3.jpg
でかい(確信)
スケール感もさることながら、山が生きている感じが伝わってくる。

01dd7fd576413e40a977c30f323f35250ff32ef5f8.jpg
後ろに目を向けるとロープウェーの惨状も見える。
自然の雄大さと恐ろしさを肌身で感じる。

このまま南阿蘇に降りて高森町へ
熊本といえば緑川ゆきの出身地ということで、
通り道近くでもあったので上色見熊野座神社へ
01e5ada25099ba348526ae3946bd68c60e37282e87.jpg

hotarubi no mori e.jpg

DSC_0572.jpg
蛍火の杜へのモデルとなった神社。
スッと静かになる空気がありますねぇ。

01e0dcf4cbf608b92ea03b8e50a256ed1ab1ae1f2d.jpg
拝殿にはお面もおいてあったり。
めいさくなのでオヌヌメです。

お参りも済まし帰ろうかと思ったら奥に見える景色が
015e90d910df4c8039dab30c886ad04c570da73916.jpg
これは登らずにはいられない予感。

012465bedc2b7f130de9ae655e23c2c9740f6859f7.jpg
岩のトンネルを抜けた先には・・・
この先は君自身の目で確かめてくれ!(Vジャンプ並の感想)

その後高千穂まで移動し、高千穂神楽へ。
神事好きマンとしてはこの旅で割と楽しみなイベントの一つ。
DSC_0601.jpg
高千穂の夜神楽という国重文が11月ごろに行われますが、
なかなかその時期に来られないという人向けに毎晩やってる観光神楽。
観光客向けだけあって奉納というより見世物的な要素が強いのですが、
割と見入ってました(^^ゞ

写真は戸取の舞で天岩戸を開くシーン。
この岩が投げ捨てられた先が信州の戸隠なんすね〜
いつかは本場の奉納神楽をみたいですな。

3日目は阿蘇に戻ってミルクロード走破
01da970248fcd1b1121b98730697bdcc3ad0622af0.jpg
の道中いきなり出てきた案山子。
案山子祭りが開かれているようですけど、2018年の人が割とタイムリー。

道中F-15を上に眺めながら大観峰着
011cc8ec4196c5ca4418b7ad140f046df2f30ce54d.jpg
こっちから見ると外輪が同じ高さで続いているのがすごくよく分かる。
これはいつかバイクで走りたい^p^

ほぼ阿蘇メインの観光となりましたが、
まだまだ行きたいところが山ほどあるので
来年も資金に余力があればまた九州行きたい。
ただGW10連休も遊び倒したい・・・悩ましい。
posted by たっちゃん at 22:23| Comment(0) | 花火 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: