2018年08月29日

全国花火競技大会 大曲の花火

今年の大会テーマは「藍より青し」

小幡さん内閣総理大臣賞おめでとうございます!
(表向きコメント)

朝、大曲へ向かう道中にて
018917c08d1af461567a4018eeb646e62d2bab20db.jpg
ファッ!??
謎のエラーが出た\(^o^)/
動けこのポンコツが!動けってんだよ!と色々試してみるも
電動パーキングが解除できない(と思っていたけど実はできたっぽい)
ので焦ってJAFを呼ぶ始末。

01b9a3eb9f1ef713501aef1c8578b7a0c56ce99785.jpg
この手に限る

レッカー車に乗りながら運ちゃんと花火旅の道中だったという話をしたら、
須賀川も今日ですよみたいな事言われてそういやそうやったわ!ってなって
万が一治らなかったら須賀川でもええなって思いちょっと心穏やかになった。

結局ECUのエラーログを見てもらうとO2センサーの不具合みたい。
インプレッサでもあったぞそれ・・・
運転自体に支障はないので大曲に向けて再出発!須賀川すまんな10月にまた。


ギリギリ昼花火に桟敷に到着。
0169d4247a0ab56f7d0806c2b39637a6e1b7f10c71.jpg
今野さんがまたやってくれた〜( ・∀・)
しかし風が巻いてる感じで旗が巻き付いてる><
いつもの通り昼花火は審査基準がよくわからん。

夜花火
芯入割物の部
優勝 菊屋小幡花火店/昇曲導付四重芯変化菊
DSC_0384.jpg



動画版

第一芯が秒で消えてしまったので、審査的に不安だったものの、
なんと優勝。
自分が見てた位置だと青木さんの方がきれいだった気がするけど・ω・
審査員の位置が違うとはいえ4ブロック後方なら
そこまで差はないとは思いますが。


準優勝 紅屋青木煙火店/昇り曲付四重芯変化菊
DSC_0251.jpg



動画版
個人的には青木さん優勝かな〜と思ってました。
まぁ大会テーマg
赤川でもそうですが紅がちゃんと燃焼される?ようになってウレシイウレシイ
って安心してからのえびす講の残念四重芯見ちゃったからなぁ去年。
あの時は在庫からもってきただけやろ・・・(震え声)


優秀賞 山内煙火店/昇曲導付三重芯菊先光露
DSC_0242.jpg
超同心円!って感じじゃなかったけど意外と順位高い。
少し前まで芯の数の基礎点みたいなのがあって
よほどじゃないと芯が多い玉より点が伸びないイメージあったんだけどね。


優秀賞 丸玉屋小勝煙火店/昇り曲導付四重芯変化菊
DSC_0266.jpg
またになるけど安定感がある。
盆がやや小さいか。


自由玉の部
優勝 菊屋小幡花火店/里山の忘れ柿
DSC_0385.jpg
大好きな玉なので優勝自体は素直に嬉しい。
しかし2015大曲にも打ち上げてますよね。その時は入賞すらしていない。
個人的に大曲の審査結果に諸手を挙げて賛同できない理由のひとつは、
ルールがコロコロ変わる五輪競技のごとく
審査重視項目が年によってバラバラ(に見受けられる)なこと。
誤解なきように、受賞したことに文句があるわけではなく、
過去に受賞しなかったことに異議がある。

準優勝 阿部煙火工業/晩夏の轟き
DSC_0202.jpg
千輪でけえくらいの印象しかなかった。

優秀賞 齋木煙火本店/虹色のグラデーション
DSC_0375.jpg
ナニモイウコトハナイ

優秀賞 野村花火工業/むすんでひらいて
DSC_0184.jpg
予想外に順位が低い。


Pick up
入賞 伊那火工堀内煙火店/土星に現れた流星群
DSC_0145.jpg
ぬおー!俺氏のカメラじゃ捉えられぬぇええええ
蛍、ホタルイカにつづくなんとも言えない不可思議な動きの作品。

信州煙火工業/タンポポの綿毛
DSC_0175.jpg
綿毛感すごい。
銀乱クロセットみたいなのが夜空に張り付いてる感じが印象的だった。

マルゴー/雪どけの華
DSC_0074.jpg
紫陽花が好きなんだから仕方ないね。
雪が溶けて花が咲くというよりは
雪が溶けた隙間から見える花みたいなイメージですかね。


創造花火の部
優勝 小松煙火工業/クリスタルオパール〜大地を照らす神秘の輝き〜
DSC_0128.jpg
構成が単調だったからかあまり覚えていない。。。
自由玉の小玉版を打ち続けるみたいな感じに見えた。
150秒近くもあるのだから個人的には起承転結を求めてしまう。
でなければ音楽がある必要もないし
自由玉と競技ベクトルに差異がなくなってしまうと思うから。
終盤の柳は大分低かったけど減点はなかったみたい?


準優勝 菊屋小幡花火店/昭和のなごり花
DSC_0387.jpg
う〜ん。意図はあるんだろうけど汲み取れん。
花火の時代の流れ?打ち上がってる順番がそうじゃない感あるし、
スライド牡丹を昭和と冠した作品に入れるのもコレジャナイ感。

花火の時代による変遷をまとめた作品なら
2014に篠原さんがきれいにまとめた作品を打ち上げてて
とても好みだった記憶がある。花火今昔物語。
まぁこっちも入賞してないんですけど。。。ほんま感覚合わんな(;´Д`)

優秀賞 片貝煙火工業/ウエディングセレブレーション〜二人に捧ぐ恋の花〜
DSC_0372.jpg
濃密からの型物ハートはわかりやすい。(写真は全然関係ないシーン)
わかりやすいのが受けるのか抽象的なのが受けるのかほんまわからん。。。
ラブラブファイヤーよろしく青と赤のカップリング作品でした。
下はハートうちをしようとしているような気がする。
けど正面じゃないからわからんかった。

打ち上げ幅が狭すぎる上に真上にしか打ち上げられないから
演出方法が限られてもはや表現の制約になってるまである。
加速する演出やってる業者今回幾つあったって・・・

去年だかに打ち上げ幅が20m→30mに広がったみたいなこと聞きましたけど
土浦程効果的では無いように見える。

優秀賞 信州煙火工業/たんぽぽ
DSC_0181.jpg
個人的イチオシ創造花火。
最初数個の綿毛がたんぽぽを咲かせて、
それがまた綿毛となって種をちらして芽吹いたら
一面のたんぽぽ畑ができて、また終わりに綿毛が飛んでいくというサイクルが
音楽の強弱とマッチしてて非常に良かった。

植物の成長や四季みたいな時間の流れがある対象物をを花火で表現する時って
大体1サイクルで終わってしまう作品が多い気がするんですよね〜
こういったマクロな視点の作品は見てて鳥肌でした。

Pick up
伊那火工堀内煙火店/あっ、お星様だ!流れ星だよ!!〜星に願いを〜
DSC_0149.jpg
(おそらく)安全面で失格となってしまった作品。
栂池で見たようなとても元気な飛遊星
動きと明るさのリアリティしゅごい・・・
残念ながら保安区域外まで飛んでいってしまったらしく失格
一昨年ぼとぼと落としまくっても優秀賞(実質3位)を受賞した
作品もあるんですけどね。。。


今回の講評をまた聞きした感じだと
自由玉と創造花火をマッチングさせたほうが評価が高いという
謎の裏ルールがあるようでちょっとびっくり。
作品を作る側としても作りやすいのかもしれないけど、その評価点本当に必要なのだろうか。
そう言いながら全く関係ない組み合わせで総合優勝してる年もあるしで
上でも述べたように評価基準がブレブレなのは不信感しか産まない気がしてならない。

いろんな視点で花火を評価することは悪いことではないし、
審査員についても文句があるわけではない。
ただ、○○回では入賞すらしなかったテーマの作品が、
別の回では高順位となるような審査ではあまりに花火(作品)が不憫すぎる。
別の回で評価されればまだ救いがありますけど。。。

小幡さんの内閣受賞は2015年にされるべきだったと思ってる。

【菊屋小幡花火店】全国花火競技大会 No.16 from たっちゃん on Vimeo.

posted by たっちゃん at 21:08| Comment(0) | 花火 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: