2018年08月08日

長岡まつり大花火大会

長岡よ! 私は帰ってきた!

DSC_0150.jpg

長岡は変わった(CV:大塚明夫)
DSC_0160.jpg
というほどご無沙汰ってわけでもないですけど(^_^;)
しかし長岡でもこういった芸術玉がちょくちょく見られるようになるとは、、、

県外二社のプログラム以外にも
小千谷煙火さんの故郷はひとつが見られるとあって、
ちょっと期待をしておりました。

DSC_0144.jpg
白菊
今年は西日本豪雨の犠牲者に向けた黙祷から始まりました。

早々とこの空の花
DSC_0190.jpg

DSC_0192.jpg
行けない年も配信は見てましたが、
年々技術披露プログラム感が増しているのが個人的には残念感。
始まったばかりの頃はもうちょっと重いテーマな感があったのにな〜
終盤の結晶華のシーンを錦冠で水増ししてる感じがあったのがなんだかな〜っておもいました。
スマイル千輪どころかスマイル自体もなくなりつつありますし・・・
マルゴーカラーじゃなくマルゴーワールドがこのプログラムでは見たかった。


フェニックス
DSC_0252.jpg

DSC_0260.jpg
114514回振りに右岸に来てますが、こっちで見るフェニックスもええな〜


ヨネックス提供
DSC_0288.jpg

DSC_0289.jpg
単独プログラムでは一番好きだったやつ。
新潟煙火の青緑も好き。


故郷はひとつ
DSC_0301.jpg

DSC_0302.jpg

今年は野村さんが水戸の現場と被るため小千谷さんが担当。
冒頭多重芯崩れましたけど心意気は感じた。
ていうか妻有では割と安定してた感あったのにどうしたんだろう(@_@;)
しかし如何せん単調なのと二社の影響力が強い感じが一層感じる。
楽曲がイマイチってのもあるか

故郷はひとつは地元煙火店固定でもいいんじゃないのかなとは思う。

正三尺玉
DSC_0346.jpg
祭り最後の三尺玉は現場火災のせい?で打ち上げが繰り下げ。
通行止めの規制関係もあったのか、
匠の花火の途中に割り込む感じで無理くり打ち上げ。

あとはピカイチさんが単独プログラムで白菊からフェニックスまで
THE長岡花火みたいな玉を全部盛り込んでたのに笑ったり。
ラブラブファイヤーの赤青配置が合コンみたいになってて
昔の橋の両側からじわじわ出会う感じとは変わったんやな〜とか思ったり。

久々の長岡花火は満足満足(*´ω`*)
年々進化していながらも、長岡らしさはそのままな感じの安心感が心地よい。
来年は2days参加したい。。。

しかし左岸、音響しょぼ杉内?マス席だけ?
逆に右岸は前方にもSPを置くようになってるので
動画勢の環境評価が以前と逆転しつつあるのでは。
来年は左岸テーブル席でも買ってみるかな
posted by たっちゃん at 19:57| Comment(0) | 花火 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: