2013年07月14日

伊勢神宮奉納全国花火大会

13071401.jpg
手水舎工事中。

花火前にお伊勢さんに行って参りました。

たしか以前に行ったのは3年くらいまえ。
当時工事中だったせんぐう館も入場することが出来、
職人たちの技術の展示などいろいろ面白いものを見ることが出来ました。
花火もそうですが、職人さんの技というものはただただ感心するばかり。

初観覧で、駐車場や有料自由エリアの混み具合がわからなかったため、
外宮しかお参りすることができませんでした。
惜しむらくは赤福を食べられなかったことかな。

花火会場周辺は雨が降ったりやんだりと不安定な天気のようで、
開始前にも怪しい雲が有りましたが、
花火開始時には風は対岸側へ向かって吹いていて、
有料自由からは良好な視界となりました。


開幕からビバップの楽曲で糸井さんのスターマイン
テンションが上がる上がる!
複数回の変化星もふんだんに使われたり、時差式まで上がったり
まさに今年のトレンドを表してるかのような花火でした。
というか大会全体がそんな感じでした。

そして次のマルゴーさんでため息しか出ないほど圧倒されてしまいました。
もともと同社の発色が好きなのですが、
今回スタマ中盤で上がった多色の結晶華に特に感動。
明るい時間帯での打ち上げだったのがとても残念orz
あれは肉眼でないと絶対伝わらないのだろうなぁ。

割物では、芯入りは青木さん、野村さんはやはり素晴らしかったのですが、
豊橋煙火さんの四重芯、伊那火工さんの目で追い切れない程の多重時差式も
素晴らしかったです。
山崎さんの五重芯は昨年の方が視認性が良かったかな?
マルゴーさんの引先時差式もなかなか妙技。
でも見る場所によってはバラバラの消え口と見えてしまいそうですね><
多重芯往復時差式は堀内さん以上に目で追うのが大変でしたwあと八重芯に見えた。
5号、10号両方で素晴らしい玉であった青木さんの優勝は予想通り。

スターマインでは大洋花火さんが、錦・銀・和火での構成の祭囃子が
なかなか良かったです。
雷と笛の使い方が素晴らしい。
トリのアルプスさんは綺麗な構成の展開。
と、お気に入りの3作品がそのまま上位3作品となりました。

ラストは煙幕のなかで光のエール交換。
長岡、大曲のあの光景が見たくなっちゃいました(´・ω・`)
花火師の皆様、協賛者様、ありがとうございました。
posted by たっちゃん at 19:27| Comment(0) | 花火 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: