2019年04月15日

insta360 EVO 使用感

ねんがんの 360度カメラを てにいれたぞ!

0132371bf7621619c689dc0e7ee919b5ea7ae0c041.jpg

パッケージが3Dホログラムとかやりますねぇ!
01f2034d43b9be3d84fe600cf0e28664febf6bc7fb.jpg
こういうパッケージでワクワクするガジェット海外製ばっかりなの悲しい。

本体のレビューは探せば出てくると思うので
花火向けの内容を以下に記載。

360度と180度3Dの2種類の方法で撮影できる本機ですが、
花火は基本前方にしか上がらないので180度の方でしか使わない気がします。
360度撮影するとキモオタが映り込む不具合が発生するからねしょうがないね

iPhone用のアプリで本体とWi−Fi接続して撮影モードにすると
017b8aafd5ee9f8013a2a31e1fbb51cb330b073514.jpg
こんな感じで各種設定ができます。

01ca63cde6b2f8229f837dd8c6243fa5b58e438d41.jpg
そういえばiPhoneのアプリアイコンが
やきうのお兄ちゃんみたいで可愛いと思う。


5.7K/30pが最大なのでいじるとことはISO感度とWBくらいかな。
ISO感度は100〜設定できるのでありがたい。
あとLOGも対応しているみたいだけどそこまで追い込めてないので当面は非LOG撮影予定です。

本体でもスマホでも録画操作はできますけど、
ボタンを押してからスタートが若干ラグがある感じ。
都合が悪いことは多分あんまりないと思いますが。


先日の風まつりでテストをしてきました。
ISO200で撮影。グリグリできるのたのしー!
180度だとキモオタの顔が映らないから良いですね(^o^)


こっちはISO400設定。
思ってたよりも意外とノイズが乗らないような気が。
あと思ってたより音がちゃんと撮れてるのがありがたい。
あまりにもパン、パンみたいな音だったらどうしようかと不安でした。

上記の動画はスマホのyoutubeアプリで見るとVRゴーグルモードで観覧が可能です。
本機の特徴の3D撮影の恩恵がなかなか感じられないんですけど、
手前の木のシルエットと花火の奥行き感は多少あるかなといった感じ。

011445882627d1eefde71f6a4bcbad319739d4447d.jpg
ちなみの本機の付属品としてスマホにつけられる折りたたみゴーグルがついてきました。
お手軽の更にお手軽で見る分にはなかなか面白いです。
どこかでお会いした際にお声かけていただければお見せできます(・∀・)

やはり3D(笑)ってかんじですね。平面が何層にも別れているような見え方。
3Dテレビが出た当時の飛び出す絵本感は本機でも否めないですけど、
例えば錦冠が降ってくるような場所なら、星に厚みは必要ないので、
割と立体感はあるようなものが撮れるのではないかなぁと、今後に期待。

上記の動画はスマホに転送してスマホエンコ版なので
最大解像度が4Kに抑えられております。
01514f08b767cdad6087b5e515987cd257c78f2a99.jpg

01452e180c4efec002c28e0cca5b8a1850614e827b.jpg
はぇ〜ユーザビリティすっごい良い。お手軽投稿はPC要らず。

01480dc2a3406f53de3fe0bbea91167fba8bd213ea.jpg
iPhoneの解像度縛り?があるらしく4Kが上限ですまんなの注意書き。
怪しい日本語が面白い。

というわけで

5.7Kをフルに書き出したPCエンコ版はこちら。
現状PSVRだと解像度の差異がわからない。
(というかPS4のアプリがVR動画の1080p以上を対応していない)

iPhoneやiPadもYoutubeは4K(2160p)以上は非対応なので、
再生機が録画機に追いついていないのが現状のようです。
もっと高いVRゴーグルは対応しているのかもしれませんが
経済的に手が出ません(;´∀`)

そういえば投稿したあとに気がついたのですが、
内容的には1番目と3番目の動画は同じものなはずなのに、
最初の水平位置が3番目のほうが低いところが基準になっている様に見えます。

というのも動画を撮影するときカメラは水平置きじゃなく、
やや仰角をつけてセットしております。
地面に画面の大半を割くのであれば、
できるだけ画面は花火(上空)に割きたいと思ったので。

そしてPCエンコではソフトの設定で
水平設定にチェックを入れてエンコードをしたのですが、
本体にも水平のリファレンスがあることから、
おそらく加速度センサーか何かで
絶対的な水平がデータに内蔵されているのではないかなと。

用途がアクションカムも兼ねてるので
むしろその方が都合が良い設計なのでしょうが、
花火用途としても嬉しい誤算。

まとめると、
1番目(iPhoneエンコ)の動画はカメラの水平位置が基準になっており、
3番目(PCエンコ)の動画は地球の水平が基準になっている様な感じ?
なのでVRゴーグルでみた際の実際の首の傾けはPCエンコ版の方がよりリアル。


ファーストインプレッションはこんな感じです。
あ^〜立ち入り禁止区域からの花火動画が取りたいんじゃぁ^〜(届かぬ想い)
posted by たっちゃん at 21:14| Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: