2015年09月06日

モエレ沼芸術花火大会

花火見るためだけに北海道行奴wwwwwww

わたしです^o^

DSC_0197.jpg

もともとゴミの埋め立て地に作られた公園とのこと。
花火を打ち上げるのには結構良さそうな会場でした。
山を利用した打ち上げというのも他に見ないでしょう。

ただ、何故か開場が17時〜
パンフレットには11時からフードコートと書いてあったのに?意味不明である。
17時前くらいに、一番空いてそうな南ゲートに着くも、開場しても大行列
フードエリアのご当地グルメをアテにしてた私ですが、
当然一斉に並び始めるのでこちらも大行列。
最適な行動をとらないと多分花火に間に合わないレベルの難易度です。


第一部 庭園花火コレクション
全部で3作品。

DSC_0201.jpg
青木煙火だけでいいんじゃないかな・・・
その後の2作品はなんかワンパターン。


第二部 Great Sky Art
こちらは8時以降出ないと上げられない大玉を使用するメインプログラム
空港が近くにあるからそれ関係?

DSC_0240.jpg

DSC_0259.jpg
筒の配置が結構自由で、それは見てて面白い。

音楽シンクロ花火といいつつ、結構パターン化されている。
JPOPが多いですが、1コーラス目と2コーラス目が同じ打ち上げ方だったりするんで
1曲の後半は感動がない。
プログラム作る上ではコピペできるから楽なのかもしれないですね。
(楽して感動させようとしてるのか)

DSC_0290.jpg
各社の玉持ちよって、花火プログラマー様()が全体の構成を考えているのか、
いきなりマドンナブルーがあがったりした。空が暗い地方部のほうが綺麗に見えるな。

DSC_0323.jpg
でも基本はなんかぐちゃぐちゃ。
参加業者の玉をごちゃ混ぜなので、玉の系統どころか質までバラバラなことも。
樽いっぱいのワインにスプーンいっぱいの泥水を混ぜたような感じに見えても仕方ない。

DSC_0328.jpg
個人的にはうちミスだとは思えないと強く思ったのがこのシーン。
ミスでよくあるのが、テレコになるパターンと暴発するパターンだと思いますが、
コレはどっちにも見えなかった。。。

DSC_0314.jpg
本日の絶叫ポイント。虹色の尺玉。
5色だと思ったけど見返したらちゃんと7色染分けでしたね。
時間差で銀乱に変化していますが、変化がもう少しスムーズになる改良が期待されます。

あと、重ねて打たないでorz
虹(ゆず)の間奏明けサビであの尺玉の打ち方は鉄板なのはわかるのですが・・・
このシーンの構成はアルプスさんなのか、大矢氏なのか果たして。
製造してる煙火店が、変化がわかりにくなるような打ち上げはしないと思うのですけどね。

DSC_0330.jpg
筒配置参考用

ラストの一斉うちで締まったとおもいきや、
吉田拓郎のファイトがラストプログラムだった。
しかも尺玉単発で終わって、えっコレで終わり?みたいな。
土浦も大曲も一応複数箇所で錦冠一斉打ちしたりするじゃん・・・
上級国民の演出家様()の意図が見えなかった。


秋の名古屋港が多少不安になってまいりました(´・ω・`)
posted by たっちゃん at 23:21| Comment(1) | 花火 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すばらしい写真ですね。
打ち上げ場所に奥行きのある立体的な花火だということがわかりました。
Posted by じんたろう at 2015年09月07日 16:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: